札幌予防歯科の日|予防歯科ってなぁに?

一生を自分の歯で過ごす。予防歯科で虫歯・歯周病対策を!

皆さんは、歯を失う原因のNo.1は歯周病だということをご存知ですか?
歯周病は初期~中期の間は自覚症状がほとんどなく、放っておくと歯肉や骨組織がどんどん破壊されていき、本人に自覚症状が出て来るころにはかなり重度まで進行しています。結果として、歯を失うことになります。

また、近年の研究では、歯ぐき内側にできる歯周ポケットの傷口から歯周病菌が血管内に入り込むことによって、糖尿病は心筋梗塞、脳梗塞、妊娠中の女性の場合には胎 児に影響を及ぼしている可能性があることが指摘されています。一度歯周病にかかってしまうと、自然に治ることは期待できません。

では、歯周病は防ぐことのできない病気なのでしょうか?
実は、歯周病は虫歯と同様に、細菌の塊である歯垢(プラーク)が原因となって生じる疾患なのです。
つまり、お口の中に歯垢(プラーク)を溜めない、溜まってしまった場合でも定期的にキレイに除去することにより、虫歯や歯周病を防ぐことができるのです。このように、お口の中を清潔に保ち、虫歯や歯周病を未然に防いで、歯やお口を健康に保つ歯科治療のことを「予防歯科」といいます。

歯周病菌が血管から血液に侵入すると・・・

実はとても怖い・・・虫歯や歯周病から生じる様々なリスク
虫歯や歯周病は、それ自体を放置しておくと歯を失うことに繋がる疾患ですが、実はそこから派生するさらに怖いリスクがあります。

これまで歯周病はお口の中だけの病気と考えられてきました。
しかし近年では研究が進み、歯周病が全身に与える影響について様々なことが分かってきています。

近年の様々な研究結果から、歯周病が多くの疾患に影響を及ぼし、その発症や進行のリスク因子になることが明らかになっています。

歯周病と全身疾患の関わりここでは、歯周病と関わりが深いと考えられている全身疾患の代表例をご紹介します。

糖尿病

糖尿病には様々な合併症があることが広く知られていますが、歯周病も合併症の一つと考えられています。
糖尿病患者の多くに重度の歯周炎が見られますが、歯周病の炎症の場で産生されるサイトカインのうち、ある種のものがインスリンの効きを阻害することが分かっています。
そのため、歯周病患者は血糖コントロールが改善しにくくなります。
従って、歯周病治療を行うことで炎症が収まり、サイトカイン濃度が低下すると、血糖コントロールの改善に影響を与えると考えられています。

冠状動脈精神疾患

「冠状動脈精神疾患」とは、心臓に血液を供給する冠状動脈で血液の流れが悪くなることで、心臓に生涯が起こる病気の総称です。
その中でも、心筋梗塞や狭心症は、心臓の冠状動脈にアテローム性プラーク(血管沈着物)が形成されて閉塞されていくことで生じる病気です。
歯周病菌や、その病原因子が血管内に侵入して冠状動脈に達すると、アテローム形成が加速化され、結果として心血管の病気が発症しやすくなります。

誤嚥性肺炎

「誤嚥性肺炎」とは、気管に入った唾液中の細菌などが肺に感染して起こる肺炎で、高齢者に多く見られる病気のひとつです。
高齢者は飲み込む力や咳反射が低下していますので、唾液やプラークなどが気管に入りやすく誤嚥を起こしやすいのです。誤嚥により入り込んだ歯周病菌などお口の中の細菌が肺炎を起こしやすくすると考えられています。実際、この病気の多くの患者から歯周病原性細菌が見つかっています。

骨粗鬆症

「骨粗鬆症」とは、骨量が減少して海綿状になり、もろく折れやすくなった状態のことです。
特に高齢の女性によく見られる病気として知られています。充分な解明にはまだ時間はかかりますが、歯周病になった歯肉で産生されるサイトカインには骨代謝に影響を及ぼすものがあり、歯の喪失と骨密度の減少には関連があるという研究報告があります。逆のケースで、骨粗鬆症の人が歯周病に羅患すると、歯周組織の歯周骨が急速に吸収されることで症状が進行しやすくなる可能性が知られています。

早産・低体重児出産

女性と歯周病との関係で注目を集めているのが「早産・低体重児出産」です。
妊娠中はホルモンバランスの変化などが原因で歯ぐきの炎症が起きやすくなるため、歯周病になってしまう人も少なくありません。
歯肉の血管から侵入した歯周病菌やサイトカインが血流に乗って子宮に達すると、子宮筋の収縮を引き起こして早産や低体重児出産になる可能性が指摘されています。
最近の報告によると、歯周病にかかった妊婦さんに低体重児出産が起きるリスクは実に約4倍に達すると言われています。

8020(ハチマルニイマル)運動をご存知ですか?

1989年(平成元年)より、厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。

自分の歯が20本以上残っていれば食生活にほぼ満足することができると言われています。そのため、「自分の歯で食べる楽しみを生涯に渡って味わえるように」との願いを込めて、この運動が始まりました。

日本歯科医師会では継続的に啓蒙活動を行なっており、その結果として、8020達成率は運動開始当初は7%程度でしたが、2005年には80歳~84歳で21.1%、2007年には25%を達成、さらに2016年には51.2%まで急伸しました。

過去に比べ、いかに多くの方が口腔内の健康に気を配るようになったかがお分かり頂けると思います。

予防歯科の定期検診を受ける人は増加傾向にあります

1989年の「8020運動」開始以来、7%しかなかった達成率が51.2%まで急伸した裏には何があったのでしょうか?ここに「8020達成率の急伸」を裏付けるデータがありますので、ご紹介します。

67%が「かかりつけの歯科医あり」
日本歯科医師会は、「歯科医療に対する国民の認知度・理解度向上」及び「歯科医師や診療に対する評価・イメージの向上」に向け、2005年から隔年で「歯科医療に関する一般生活社意識調査」を実施しています。

2016年に行われた第6回の調査において全国の10~70代の男女10,000人を対象に行なった調査において、67%の人が「かかりつけの歯科医あり」と回答しました。5年前に比べ、特に20代・30代で増加が目立ちます。

出典:厚生労働省 平成28年歯科疾患実態調査 より
http://www.mhlw.go.jp/toukei/list/62-28.html

この1年以内に歯科健診を受けている人は約半数(49%)
特に虫歯や歯周病があるわけではないが、この1年間に1回以上歯科検診を受けている人は全体の49%に達しました。

5年前の調査では「痛み・はれ・出血があったから歯科検診を受けた」という人が45.8%でしたが、2016年の調査では32.6%に後退しています。それに対して、「定期的にチェックする時期だったから」という人は、20.6%から49%と2倍以上の伸びを示しています。
つまり、5年前に比べ、「具体的な痛みや症状を実感したら受診する」という人は減って、「お口の中の病気予防や健康チェックのために受診する」という人が増えているということが伺えます。

予防歯科先進国と比べると・・・

1

欧米では7割以上の人が予防歯科を実践している

2

アメリカでは年2回、スウェーデンでは年1回の歯科検診が定着している

3

自身のオーラルケアアイテムの年間平均購入金額は、
スウェーデン¥8,415、アメリカ¥8,354に対して日本は¥4,965

4

予防歯科への「理解」はアメリカ・スウェーデンで約60%に対して日本はわずか約21%

5

予防歯科の「実践」はアメリカ・スウェーデンで約70%に対して日本はわずか約26%

世界で「予防歯科先進国」と聞くと、雑学に詳しい人は「スウェーデンとアメリカ!」と答えると思います。これはその通りで、スウェーデンとアメリカは世界の中でも「予防歯科先進国」として知られています。

では「予防歯科先進国」であるこの2ヶ国の実状はどうなっているのでしょうか?ここではライオン株式会社が2014年2月12日に公式発表した意識 調査結果から一部を抜粋し、分かりやすく箇条書きにしてご紹介致します。

予防歯科に対する意識と理解は伸びているものの、予防歯科先進国であるアメリカとスウェーデンに比べると、日本はまだまだ全体に意識が浸透しているとはいけない状況が浮き彫りになります。

出典:ライオン株式会社 意識調査結果 より 一部抜粋
https://www.lion.co.jp/ja/company/press/2014/pdf/2014023.pdf

オーラルケアの習慣を身に着けましょう

先のライオン株式会社の調査によると、予防歯科への理解はアメリカ・スウェーデンでは約60%に浸透しているのに対して、日本では約21%に留まっています。

さらに、「予防歯科の実践」では、アメリカ・スウェーデンの約70%に対して、日本はわずかに26%しかありません。その一方で、予防歯科の考え方を伝えると、日本でも70.7%の人が必要性を感じると回答しています。アメリカ78.2%、スウェーデン83.1%と同様、多くの人が予防歯科の必要性を感じているということです。

一生を自分の歯で過ごすためには、まずは正しい知識を学び、そしてそれを実践することが大切です。

小さな頃から「予防」のために歯科医院に通う習慣を身に着けましょう。

予防歯科を実践しよう

予防歯科とは、虫歯や歯周病になってから治療することではなく「病気 になる前の予防を大切にする」ということです。

お口の健康を積極的に守るためには、自分で歯みがきをキチンと行うことはもちろんですが、歯科医院でプロのケアを定期的に受けることが大切です。歯科医師や歯科衛生士の指導に基づいた毎日の「セルフケア」と、歯科医院で定期的に受ける「プロフェッショナルケア」の両方を組み合わせて、効果的に「予防歯科」を実践しましょう。

患者様自身が自分のお口の健康に関心を持ち「自分の歯は自分で守る!」
という意識を高めていくことが大事です。セルフケアを習慣にして、 3ヶ月に一度は歯医者さんに行って定期チェックを!

セルフケアの実践

毎日歯をキチンと磨いているのに、なぜ虫歯になってしまうのでしょうか?実は、歯には磨きにくいところがあり、自分ではキチンとケアをしているつもりでもどうしても磨き残しができてしまうものなのです。磨き残しができると歯垢(プラーク)となり、放置しておくと唾液や血液からカルシウムを吸収して歯石となります。

一度歯石化してしまうと、セルフケアだけで除去するのはとても難しくなってしまいます。

少しでも歯垢(プラーク)が発生するのを防ぐために、歯科医院で指導を受け、正しい歯みがきの方法を身に着け、さらにデンタルフロスなどを用いて歯と歯の間もキレイにすることが大切です。

自分で行う主なケアここでは、歯周病と関わりが深いと考えられている全身疾患の代表例をご紹介します。

歯垢(プラーク)を残さないように、一本一本、表側と裏側を丁寧に磨きましょう。

歯と歯の間には歯垢(プラーク)がいっぱいです。デンタルフロスで隙間もキレイにケアしましょう。

フッ素配合の歯みがき剤を使用して、虫歯になりにくい歯を作りましょう。

殺菌剤などの薬用成分をお口の中のすみずみまで行き渡らせるには、デンタルリンスが最適です。

プロケア(プロフェッショナルケア)の実践

歯科医院で定期的にお口の状態をチェックして、セルフケアでは落としにくいヨゴレをクリーニングしてもらいましょう。歯垢(プラーク)が歯石化するスピードは約3ヶ 月と言われていますから、それに合わせて3ヶ月に1回が理想的ですが、少なくとも半年に1回はプロケアを受けることが望ましいでしょう。

歯科医院で行うプロケア

● 口腔内検査

歯や歯ぐきの状態をすみずみまでチェックします。
必要に応じて、口腔内の細菌数のチェックなどを行います。

● フッ素塗布

高濃度のフッ素を歯に塗布して、虫歯になりにくい歯を作ります。

● 歯みがき指導

一人ひとりのお口の状態・歯並びに合ったセルフケア方法を指導します。

● 歯石の除去

既に歯垢が歯石化している時には、「スケーラー」という器具を使用して歯石をキレイに除去していきます。

● PMTC

PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング」の略で、 プロがプロ機材を使用して行う口腔内のクリーニングのことです。普段の歯みがきでは 落とせないヨゴレ、歯垢(プラーク)の他に、細菌の棲家となっているバイオフィルム もキレイに除去して、仕上げにジェットパウダーを用いて歯をツルツルに磨き上げます。

PMTC後の爽快感を一度体験して頂くことをお勧めいたします。

● シーラント

歯には溝がある部分がありますが(特に奥歯)、この部分は磨き残しが発生しやすく、 虫歯になりやすい部分です。この溝を樹脂でふさいで虫歯を予防する処置を「シーラン ト」と言います。

札幌予防歯科

copyright© 札幌予防歯科 | 8月1日は予防歯科の日